MENU MENU
  • facebook
  • contact

深呼吸しよう。

それは、忙しい毎日の中で、なくしかけてしまったものを取り戻すように。
忘れかけていたものを思い出すように。

目を閉じてゆっくり深呼吸をしよう。

山あいの 湖の まちの澄んだ空気が体をめぐるとき。

生命と長い歳月が作る色。人が生きる音。薫る自然の息吹。

いつもの毎日の中に、ありそうでなかなか出会えない特別なひとときを。
もっとわたしらしいわたしを取り戻すために。

憩うまち こうみへようこそ。

Take a deep breath...

ここは、憩うまち 小海町

ぜいたくな自然があたりまえのようにあるまち
ぜいたくな休息がいつでもとれるまち

都会からちょっと離れて 等身大の自分を楽しめるまち
小海町はそんな町です。

 小海町は長野県の東部、南佐久地域のほぼ中央に位置し、町の西側には八ヶ岳連峰、町の中心部には千曲川が流れる風光明媚な山間の町です。
 夏の冷涼な気候により白菜、レタス、キャベツなどの高原野菜の生産が盛んで、また高原にはカラマツや白樺に囲まれたキャンプ場やゴルフ場などのレジャー施設があり、多くの人が訪れます。
 小海町のシンボルのひとつでもあり、人々の癒しの拠点でもある松原湖は、四季折々に表情を変える豊かな自然に囲まれ、さまざまなアウトドアレジャーの拠点にもなっています。
 周辺には、安藤忠雄氏設計による小海町高原美術館、八峰の湯、音楽堂などの文化施設や、スケートリンク、グラウンドのスポーツ施設、高原リゾート・小海リエックスもあり、年間を通して楽しむ事ができます。

  • みどり池と八ヶ岳(天狗岳)

    苔や藻が覆い、湖全体を緑色に映すみどり池。快晴の日には湖面に天狗岳の姿が、夜は満天の星空が湖面に反射し、その美しい光景は多くの登山愛好家の癒しの場になっています。

  • 小海町高原美術館

    1997年に開館した小海町高原美術館。建築家・安藤忠雄氏が設計した洗練された美術館では郷土の作家、現代美術、建築、デザインなどを扱った特徴ある企画展を開催しています。

  • 白駒の池

    標高2115mに位置する白駒の池。池の周囲は約1.8kmで標高2100m以上に位置する湖としては日本で最大規模を誇ります。湖水の透明度は高く、5.8mにもなります。

  • 小海リエックス

    標高1450mの高原リゾート・小海リエックス。ゴルフ・スキー・テニスなど四季を通じて楽しめます。館内の星空の湯からは昼は山々の雄大な景観、夜は満天の星空を楽しむことができます。

  • 八峰(ヤッホー)の湯

    標高約1270mの森のなかにたたずむ八峰の湯は、八ヶ岳を望む天然源泉かけ流しの湯。全国的にも珍しい炭酸水素塩泉で、皮膚をなめらかにする泉質から美肌の湯とも呼ばれています。

  • 苔の森

    日本三大原生林のひとつに数えられる苔の森。一歩踏み入れると別世界が広がります。約500種類の苔が群生しており、日本蘚苔類学会に「日本の貴重な苔の森」に選定されています。

  • サラサドウダンツツジの群生地

    小海の遅い初夏に可憐な紅色の花をつけるサラサドウダンツツジ。長野県の天然記念物の指定を受けた群生地では開花の時期を迎えると4600本もの樹々が一斉に咲き誇ります。

  • 小海線

    JR小海線は山梨県・小淵沢駅から長野県・小諸駅までを結ぶ全長78.9kmの鉄道。標高1375 mのJR鉄道最高地点を走る高原列車としても有名です。山間の撮影スポットが多くあります。

  • 八岳の滝

    松原湖高原を大月川沿いに登るとあらわれる八岳の滝。落差10m以上の壮観な滝は巨岩とともに見るものを圧倒します。コメツガなどの巨木とともに、自然を楽しむことができます。

あなたがあなたらしくいられる、そんな町でありたいと思っています。

再設計する、設計しなおすという意味を持つRe・Design。
完成されたデザインを、さらに最適化するという意味でもあります。

人生を、キャリアを考える時間が取れるような
忙しい毎日にほっと一息つけるような
たまったストレスをリセットできるような
仲間との絆が深まるような
自分の原点に戻れるような

憩いのまちだからこそ出会える「あなた」が、
あなたにとっての最適であればいいなと思っています。

ひと息ついて、「わたし」と向き合ってみませんか。

本当のわたしを取り戻す4つの「Re・Design セラピー」

セラピーと聞くと、少し身構えてしまう人も少なくないと思います。
小海町の「Re・Designセラピー」は本来の治療という意味ではなくではなく、
元に戻すことを中心に考えています。

あなたらしさはあなたがすでに持っているものですから、
それをそっと取り戻すお手伝いができればと思っています。

  • 01 リラックス

     視界一面に広がる豊かな森と美しい湖。ストレスで閉ざしがちな五感を開き、大自然と出会うとき、張っていたからだの力が抜け、いつもよりもゆっくりと流れる時間を感じることができるでしょう。森を知り、ふれあえば、疲れた体がふっと楽になります。八ヶ岳の恵みを感じる温泉につかれば、明日からの気力がみなぎってくることでしょう。

  • 02 瞑想

     瞑想は自分らしさを見つめなおす時間。森の中で深呼吸をすれば、いつもは感じられなかった自然の音が聞こえてきます。
     もうひと息呼吸をすれば、いつもとは違う風景が見えてくるはずです。
     山の中のまちで行うヨガは、さらに深いところで、自分の心とからだに向き合う時間を手助けしてくれます。

  • 03 コミュニケーション

     都会ではなかなか過ごせない充実したコミュニケーションの時間が小海町にはあります。
     焚き火を囲み、大自然の中で語り合えば、いつもよりもう一歩踏み込んだ仲になれるかもしれません。
     ともに森を歩き、星空を見上げ、温泉につかれば、その一瞬一瞬が大切な思い出になります。

  • 04 デトックス

     体調がなかなか優れないとき、気持ちがもやもや重たいときは、全部まとめてデトックスしましょう。
     地元産のおいしい食材を使った料理や、新鮮な野菜のスムージーで体の中からリセット。
     岩盤浴では汗と一緒にいやな気分も流れていきます。帰る頃には心身ともにふっと軽くなっているはず。

リラックス

心と体が再生する、安らぎに満ちた大自然

森、湖、温泉、星。
小海町の美しい風景を構成する多くが、その豊かな自然から生まれたもの。
その飾らない美しさに目を向ければ、いつもよりもおだやかな時間を感じます。

 湖畔に立って、目を閉じれば、水面を走る風の音が聴こえてきます。風はそのまま森へ抜け、ざわざわとカラマツの枝を揺らします。閉じた目をそっとあければ、鏡のように日の光を反射する湖面が目の前いっぱいに広がります。
 木々の香りとかすかな土の匂いを胸いっぱいに吸い込んで森へ出かけましょう。
 ともに歩くセラピストがストレスで閉ざしがちな五感を解放するお手伝いをします。植物の香りに癒され、水の流れを肌で感じ、木の生きる音を聞く。呼吸を整え、自然の力を借りてゆっくり自分と向き合う。お気に入りの場所で飲むハーブティーは格別な味です。
 小海の森は人間だけではなく多くの動物たちや木々、苔たちが共生する貴重な森。足跡をたどっていけば森の仲間たちに会えるかもしれません。
 高原のまちに湧く温泉は、炭酸水素塩泉と呼ばれる美人の湯。八ヶ岳を望む眺望は、四季折々に表情を変え、小海ならではの季節の流れを感じることができます。
 自然のなかでゆったりと流れる時を味わうとき、日ごろの疲れやストレスが溶け出すように少しずつ心も体も楽になっていきます。

瞑想

 都会の喧騒から離れたこの町で、じっくりわたしと向き合う時

自分自身と向き合うということは、どこでもできそうで、でもなかなかできないこと。
いつもの生活と離れたこの町はそのタイミングをそっと与えてくれます。

 落ち着こうと思ったときには呼吸を整えることがよくあります。呼吸が整えば、自然と体の力が抜け、集中力が高まり、「今」に集中することで自分と向き合う時間がはじまります。
 いつもはあまり考える時間のない、私のこと、体のこと、キャリアプランや夢や未来。このタイミングで考えてみましょう。
 静かに息を吸い込み、静かに息を吐く。心を集中させ、体を伸ばしポーズをとる。いつもよりほんの少していねいに自分の体と向き合う動作のなかにこそ、出会えるあなたがあるはずです。
 ばらばらに散らばっていた考えや思いが、パズルのピースをはめるようにすっと整理されていくかもしれません。ヨガはそんな思考の時をそっと手助けします。ヨガセラピストがひとりひとりの体調やペースをみながら、呼吸の方法やポーズの取り方を教えていきます。
 初心者の方から経験者の方まで、自分のレベルにあわせてチャレンジしてみましょう。
 朝目覚めたあと、朝日を浴びながら。夜、寝る前にリラックスするために。森の中で、湖畔で、八ヶ岳を眺めながら。
 時間も場所もあなたの自由。自然豊かで広大な小海のフィールドを存分に楽しみましょう。

コミュニケーション

 人と人をつなぐ心地よい時間が流れるとき。

人が心地よいと感じる1/fゆらぎ。
火のゆらぎは人の心を落ち着かせ、快適に過ごせる空間を作り出します。

 陽が落ちれば、あたり一面は夜の海。灯りの少ないこの町は星が近く、青と黒を混ぜたような夜空に散らばった星の光は湖に反射して、夜の色を引き立てます。オレンジ色の火のひかりを囲んで、ここにしかないひと時を過ごしましょう。
 焚き火の準備はセラピストにおまかせ。刻々と移り変わる星の説明を聞きながら仲間との会話を楽しみ、コーヒーやホットワインを飲みながら空を見上げれば、一瞬一瞬が思い出のときとなります。
 夜が明けたら、町の人に会いに出かけましょう。豊かな森をフィールドに木登り、焚き火料理、かまど炊きごはんに炭焼き。町や森をよく知るセラピストがサポートします。
 自分で採った野菜や、自分で切った木から作ったクラフトは唯一無二のおみやげ。もちろん、新鮮なうちに地元のお母さん方と郷土料理を作ってみてもいいかもしれません。
 ここはあなたの第二のふるさと。またいつでも帰ってきてくださいね。

デトックス

よいものを食べる、心地よく過ごす内側からつくりかえる。

高原で育った野菜、清流で育った魚、昔ながらの製法で作られた心のこもった食材たちは、
小海の食文化にはなくてはならないもの。
大自然と人の思いが作った料理で、心も体もリセットしましょう。

 野菜づくりが盛んなこの町では、こだわりの野菜が太陽と大地の力を借りて、すくすくと育っています。収穫したばかりの野菜を一口食べれば、口いっぱいに広がる野菜本来の深い味わい。「太陽の味がする」というのは決して比ゆではないのかもしれません。
 小海をよく知る宿・食堂の料理は、調味料や油など細部にまでこだわったセラピー食。獲れたての旬な食材でつくられているので心も身体も新鮮な気分に。不足しがちな栄養もここで補いましょう。栄養バランスを考えられたメニューでお腹いっぱい自然の恵みを楽しみましょう。
 郷土料理だって、この町の歴史を支える大切な文化。一口食べればまた小海をよく知ることができます。アレルギーや各症状に合わせて料理の調整もできるので、どなたでも安心してお召し上がりいただけます。体を構成する大切な要素である食事。いつもがんばっている体を癒しましょう。
 体の中の不調は岩盤浴で汗と一緒に流してすっきり。ストレスや気持ちの沈みも自然と流されていくような気がします。温泉で汗を流したら、眼前に広がる大自然で心もデトックス。

わたしたちがご案内します

  • 細谷貴史さん

    細谷 貴史 さん

    憩うまちこうみ セラピスト

    普段の生活、お仕事の中で頑張りすぎている皆さん、少しお疲れではないでしょうか?そんな時は信州 小海町の雄大な自然たちとボクが待っています。

     少しでも皆さんがリフレッシュできるようにお手伝いします。

     一緒に“夜の小海”の魅力を満喫しましょう。

  • 菊地千夏さん

    菊地 千夏 さん

    ヨガセラピスト

    小海町は八ヶ岳連峰、浅間山などダイナミックな景観が楽しめる高原のまちです。
    みずみずしい高原野菜。
    手つかずの植物が残る松原湖。
    野鳥がさえずる白樺林。
    この雄大な自然が訪れた人の心を癒やしてくれます。
    大自然の中で思いっきり、気の向くまま過ごしてみてください。
    日常生活で疲れた心と体をリセットし本来の自分をとりもどす、そんなお手伝いができればと思っています。

  • 名取淳一さん

    名取 淳一 さん

    オルゴールソムリエ 小海町高原美術館館長

    現代のデジタル社会の中で「アナログ」が見直されています。
    アナログで生演奏をしてくれる「オルゴール」・・・
    その音色は生活を彩り、体に癒しと心に響きを与えてくれるものです。

    「オルゴール&呼吸法」x「小海町の抱擁感」=「心と体へのご褒美」

    標高1300mの爽やかな高原で、プロフェッショナルな作業のオルゴール作りをしていただき、「あなただけの音色」を創っていただきます。そして、小海町の澄んだ空気を体に取り込める「呼吸法」とともに、明日への活力を体の芯から湧き出させましょう!
    この満足感と達成感はなかなか体験できないものです。

  • 斎木勝利さん

    斎木 勝利 さん

    食セラピスト

    小海町の「松原湖高原」で癒されたあと大自然の中で育まれた食材を生かし、昔ながらの味を含めた食事でリラックスできる環境をサポートします。
    標高が高い、小海町では太陽と大地の力を借りて野菜が育つため、
    収穫をしたすぐにでも食べることができる自慢の高原野菜です。

    八ヶ岳連邦を望みながら楽しむ食事は普段生活をしている中では
    体験することのできないものとなります。
    小海町で自分と向き合う時間を提供いたします。

小海町でお待ちしています。

ゆっくりばかりしていられない時代になりました。
忙しい毎日のなかで
生きるスピードがはやくなりすぎて
なにかをなくしそうなとき
憩うまちこうみを思い出してください。
このまちに流れる時間が
このまちで過ごした時間が
あなたのペースを取り戻すきっかけになれば
それが私たちの幸せです。

小海町はいつでもあなたをお待ちしています。

小海町、松原湖高原へのアクセス